外貨FXってどうよ? 金利生活を目指す小心者トレーダーの掟
サイトマップ 講義12

金利生活者の実践投資(1)積立式投資

 金利生活者となるためには
  (1)資金を増やす段階
  (2)金利収入を得る段階
 がある、という話をしたことがあります。

 『(1)資金を増やす段階』では、好きに増やしていいわけですが、『(2)金利収入を得る段階』で、投資方法を切り替えるのは結構面倒だと思います。
 最初っから、金利狙い(投資パターン『(c)積立・決済無』)でいけば、投資スタイルの変更も必要ないので、安全性も高いと考えます。

 どのように投資するのか、ポイントを整理しよう。

  1. 積立式に投資
  2. 決済をしない
  3. ベースとなる通貨ペアを選択する
  4. 新興国の高金利通貨を選択する

積立式を選択する理由

 積立式は、時間の分散です。
 時間を分散することで、為替リスクへの集中投資を防止できます。

 一括で投資してしまうと、変動する相場の影響を強く受けることになります。
 ハイリスク・ハイリターンになるのです。
 ただポジションを持たない時期もあるので、リスクがまったく無い時期もあるという利点があります。
 積立式ですと、常にリスク資産を抱えていることになります。

 では、積立式の利点とはなんでしょうか。
 「相場の予測を必要としない」(正確にはまったくないわけでない)点です。
 相場の状況をほとんど考えることなく、一定間隔で、投資していきます。
 だれにでもできる簡単さがあります。投資にかける時間が短くて済むので、仕事を持っている忙しい人でもできるのです。

 さらに一定間隔で投資することには重要な意味があります。
 保有ポジションの平均レートと時価レートの差が小さくなるということです。

 たとえば、毎月1回、買いポジションで投資するとします。
 各月の保有レートは、100、95、80、90、75とすると、平均保有レートは、88です。
 最後の月に、ポジションを建てたときは、時価レートが75でした。
 平均保有レートと時価レートの差は、75-88=-13です。
 もし、時価レート100のときに一括投資していれば、その差は、75-100=-25です。
   一括投資 差-25
   積立投資 差-13
 ですから、積立投資の方が、評価損が少ないということです。

 評価損がでる下落相場において、ロスカットになりにくいということです。
 逆に、評価益がでる上昇相場において、評価益が少なくなってしまいますが…

 思いだしていただきたいのですが、目的は、金利収入を得ることですね。
 評価益を得ることではありません。
 ですから、下落相場においてロスカットされにくい方が良いわけです。
 相場から退場(ロスカットにあう)しないで、長く居続けることで、金利を半永久的に獲得していきたいわけです。

 それと、評価損を少なくできることには、もう一つ重要な利点があります。

 出金可能額の確保です。

 出金可能額とは、外為どっとコムでは、返還可能額と呼称されています。

 次のどちらか金額が小さい方が当てはまります。
 A)[返還可能額]=[資産合計]-[取引保証金]-([注文中保証金]+[受渡代金]+[出金依頼金額])
 B)[返還可能額]=[有効保有額]-[維持保証金]

 評価損がある時は、どちらの計算式になるのか、具体例から考えてみましょう。

 A)の([注文中保証金]+[受渡代金]+[出金依頼金額])はすべて0円としましょう。
 資産合計=100万円
 取引保証金=20万円
 有効保有額=資産合計+評価損益
 維持保証金=取引保証金の50%=10万円
 ※数値は仮定

 A)[返還可能額]=[資産合計](100万円)-[取引保証金](20万円)=80万円

 B)[返還可能額]=[有効保有額](資産合計+評価損益)-[維持保証金](10万円)
            =(100万円+評価損益)-10万円

 評価損益が、-10万円の時、A)もB)も同じになります。
 評価損益が、-10万円を超えて、たとえば-15万円になれば、B)の方が金額が小さくなるので
 返還可能額はB)で計算された金額とういうことになります。

 ということは、[有効保有額]が[維持保証金]の額を下回っている状態では、[返還可能額]は0円となり、出金できません。
 先ほどの例ですと、評価損が-90万円以上になると出金不可になるわけです。
 この状態は、マージンコールになる状態と同じです。マージンコールになるようだと出金はできません。

 あなたがもし、資産合計(100万円)の12%である12万円のスワップ分を出金する場合、マージンコールのラインから+12万円分上の状態にしておく必要があるということです。

 ですから、なるべく評価損を小さく抑えられる運用が良いわけです。

スワップ派VS王道派

 相場を読んでトレードする投資家は、自分たちを「王道」だと思っています。
 「スワップを得るやり方は、間違っている」から、必ず損をすると考えています。

 それを否定するつもりもありませんが、「王道」投資では稼げる人は少数派なので、全ての人におすすめできるものではありません。

 スワップを得るやり方は、損をしにくいやり方であるため、比較的長期間稼ぎ続けることが可能だということです。
 しかし、長く稼ぐためには、リスク管理が欠かせません。
 何も考えずに、始めても「王道」投資家たちの心配する通りに終わるだけです。

 積立投資は、簡単だと言いました。
 ですが実際に始めるまでに、ある程度のリスクを考えておくことは必要になります。


 ということで、このぺーじでは、時間の分散によるリスク管理の説明をしました。
 積立てることで時間の分散を行い、ロスカットしにくい状態を作り出します。

 そして、ロスカットになりにくい時期があります。
 相場には波があり、それをサイクルと呼びます。
 サイクルを調べれば、投資に向いている時期と、貯蓄に向いている時期を知ることができます。

 次は、「金利生活者の実践投資(2)サイクルの利用」です。


 【必要な口座】金利生活者が選ぶFX業者・口座

 金利生活者養成講座  重要事項の具体的説明

リンク
※重要※ 外貨FXは100%儲かることはありません。投資のリスクをご理解いただき、自己責任において取引を行ってください。当サイト情報をもとに取引されても損失をこうむることがありえます。

Copyright (C) 2009 外貨FXってどうよ, All rights reserved.