外貨FXってどうよ? 金利生活を目指す小心者トレーダーの掟
サイトマップ 重要事項14

ヒロセ通商「Hirose-FX2」おすすめポイント

 ヒロセ通商には、いろいろ問題点も指摘されています。それでもあえて「Hirose-FX2」をお勧めします。
 マイナー通貨を取り扱っており分散投資にとても便利です。評価益でポジションが建てられて、スワップ益も振替えることで出金できます。

 今後、「LION FX」でもスワップ振替機能が装備されるようです。現在(2009年10月時点)では、ポジション未決済においてスワップ益を出金することはできません。そのため「Hirose-FX2」の方をおすすめしているわけです。
 しかし、スワップ振替機能が装備されれば、「LION FX」の方が良いです。

ヒロセ通商の問題点と信用度

◆問題点

 わたしも以前はまったくおすすめできる業者とは思っていなったのですが、このところの様子をみるにおすすめできると思いご紹介することにしました。

 ヒロセ通商は口コミを調べると、悪評が目立ちます(一般的にどの業者でも口コミを調べると悪評が多い)。
 もっとも多いのは、約定力の弱さとスプレッドが宣伝以上に広いことです。
 この点は、短期売買のトレーダーは気になるでしょうが、スワップ派にほとんど気にならないことと思います。約定力が弱いのはシステム的な問題か、カバー取引の問題かよく分かりませんが、スワップ運用において影響はほとんどないでしょう。その日約定できないとしても次回(3日後でも、1週間後でも)にできれば問題ないですからね。

 それから過去(2008年6月)に、不招請勧誘で行政処分を受けています。電話勧誘は禁止されているにも関わらず勧誘したことへの処分です。それから大分時間が経過しましたが2回目がありません。それなりに反省し改善できていると思われます。どんな一流企業でも行政処分は受けていますからね。改善されれば問題ないことです。外為オンラインも行政処分を受けましたが、今では、業界2位の口座数を誇るまでになりましたから。

◆信用度

 開示情報がとても多いのです。口座数、預かり資産、取引高、そして財務諸表です。
 財務諸表まで情報開示しているFX業者はほとんどありません。自己資本規制比率しか開示していないのはイマイチ信用できません。ヒロセ通商は、外為どっとコム並みの開示をしています。

 2009年に入って、マイナー通貨を扱う業者が次々と廃業しています。たとえば、北辰物産「DRAGON FX 24」、FXキング、トレイダーズ証券「NFX-PRO」など。多種類通貨取扱業者は、これからも絞り込まれていくでしょう。そんな状況下でもヒロセ通商は、新しいトレードツールを発表していくなど前進を続けています。期待してもいいのではないでしょうか。

ヒロセ通商「Hirose-FX2」の特徴

 ヒロセ通商には複数の口座があります。
 金利生活者には「Hirose-FX2」または「Hirose-FX2ミニ」が良いと思います。
 (スワップ振替機能が付けば、「LION FX」が良いです)

 通貨ペアは34種類あります。トルコリラ/円、メキシコペソ/円、どちらも取引可能です。
 特にメキシコペソを取り扱っている業者は非常に少なく、希少な存在です。
 ただ、スワップポイントは残念ながら高くありません。メキシコペソ/円はとても低いです。

 スワップ益は評価益になります。その評価益で新規注文ができます。非課税複利運用が可能です。
 その上、スワップ益を振替えて出金することができます。

 kakakuFXでは、スワップ益は実現損益になるため、毎年、嫌でも課税されます。そのため複利運用効率は落ちてしまいます。
 一方、ヒロセ通商「Hirose-FX2」(スワップ振替機能が装備された場合の「LION FX」)では、非課税で複利運用していくことができて、好きな時に、スワップ益を出金することができます。
 (スワップを振替えた時に、その年に課税されます)

 メキシコペソを取り扱っていて、スワップ出金できる業者が非常に少ないのです。
 kakakuFXの予備口座として準備しておこうと考えています。


 【必要な口座】金利生活者が選ぶFX業者・口座

 金利生活者養成講座  重要事項の具体的説明

リンク
※重要※ 外貨FXは100%儲かることはありません。投資のリスクをご理解いただき、自己責任において取引を行ってください。当サイト情報をもとに取引されても損失をこうむることがありえます。

Copyright (C) 2009 外貨FXってどうよ, All rights reserved.