外貨FXってどうよ? 金利生活を目指す小心者トレーダーの掟
サイトマップ 重要事項11

※このページは、昔の情報で作成されており、現在の様子とは、合致しない情報が含まれています。

外為どっとコムは素晴らしい

 外為どっとコム「ネクスト総合口座」は、金利生活者を目指す方へ紹介しておきたいFX業者です。
 まず最も破綻しにくい業者であり、長期的な付き合いが可能な業者です。
 相場レポートや関連ブログ・Webサイトなどの情報が豊富です。竹中平蔵元大臣のレポートも読めますよ。
 セミナーがよく開かれており、インターネットセミナーもあります。デモトレード(バーチャルFX)もあり初心者でも簡単にやり方を覚えて取引を始めることができます。

 スワップ振替機能があるため、
 スワップを貯めておき、好きな時に、出金することもできます。

 2010年6月から、外貨ネクスト口座だけの特別サービスが開始されました。
 その一つに、「豪ドル円」スワップ増額サービスがあります。これまでも業界トップレベルの高いスワップ金利だったのですが、さらに増額するというものです。そのためセントラル短資FXより高くなりました。
 豪ドル円取引は外為どっとコムが断然有利です。

FX業界人気NO.1

 口座開設数は、FX業者中で、1番多いです。
 多いというか、他を圧倒しています。2番目の業者の約3倍もあります。
 そのため預かり資産額も、トップです。
 人気があるということは、破綻しにくく、うさんくさい業者ではない、と考えられます。
 私自身、この業者へ預けている金額が一番多いですね。

このサービスは使える

◆1000通貨単位取引

 1000通貨単位取引は、少ない金額から取引ができるので、複利運用を考えている場合とても重宝します。

 FXでは一般的に、取引単位は1万通貨です。FXというのは、一般の人でも気軽に為替相場に参加できるように、規制緩和されたことで生まれた業界です。通常は100万通貨とか1000万通貨とかの大口取引ばかりの為替相場を改革したのです。
 そのため、1万通貨単位というのは、業者にとってはギリギリの最小単位なのです。
 単位を小さくするのは、業者にとっては、負担になるのです。

 1000通貨単位というのは、業者が努力した結果生まれたサービスで、どの業者でも気軽にできるものではありません。
 とはいえ最近では、1000通貨単位で取引できる業者も増えてきてはいます。
 それでも、南アフリカランド/円などの取引量が小さい通貨では、1万通貨単位が普通です。
 しかし、外為どっとコムでは、南アフリカランド/円でも、それが可能です。
 そのため、数千円から、取引できるのです。

◆スワップ振替機能

 スワップが好きな時に出金できなければ、金利生活者には、使えない業者ということになります。
 外為どっとコムでは、当然、好きな時に出金可能です。

 しかし、それだけでは、珍しいサービスとはいえません。

 外為どっとコムでは、スワップ益は評価益として反映されます。
 それだと、出金することはできません。
 そこで、スワップ振替機能を使って、実現損益へ反映させます。
 そうすることで、自由に出金が可能になります。

 スワップ益 ⇒ 評価益 ⇒ スワップ振替 ⇒ 実現損益 ⇒ 出金

 スワップ振替を行わなければ、スワップ益は評価益のままです。
 評価益には、税金がかかりません。
 実現損益になってはじめて、課税対象になるのです。

 つまり、スワップ振替機能によって、投資家が、課税対象にするのかしないのか選択できるということです。

 スワップ益は、総合課税なので、《給与+スワップ益-控除金額》が課税金額になります。この課税金額が、330万円以上になると30%、695万円を超えると33%になります。そこで、課税対象額がいくらになるのか、計算して、自分が納得できる課税額に調節することも可能だということです。
 いわゆる「節税対策」として活用できます。

 このサービスがない一般の業者では、全て課税対象額として、有無を言わさず計算されてしまいます。

 そして、非課税のまま、複利運用も可能であるということです。
 (預託金額を超えて、新規ポジションを建てることはできませんが…)

 外為どっとコムには、2つのタイプの口座がありますが、「ネクスト総合口座」の方でなくてはなりません。


 【必要な口座】金利生活者が選ぶFX業者・口座

 金利生活者養成講座  重要事項の具体的説明

リンク 外為どっとコム評判どうよ
※重要※ 外貨FXは100%儲かることはありません。投資のリスクをご理解いただき、自己責任において取引を行ってください。当サイト情報をもとに取引されても損失をこうむることがありえます。

Copyright (C) 2009 外貨FXってどうよ, All rights reserved.