外貨FXってどうよ? 金利生活を目指す小心者トレーダーの掟
サイトマップ 重要事項4

kakakuFX「スタンダード」のロスカット

備考:現在、kakakuFXのFX口座サービスは廃止されています。ですが、このページはロスカットの説明のページですので、当時のシステムを参考例として活用させていたできます。

 kakakuFXのロスカット条件は以下のようになっています。

-------------------------------
 証拠金使用率が150%を越えた場合、口座全体で保有されているすべてのポジションが反対売買により自動的に解消されます。
-------------------------------
 【引用 2009年7月 :kakakuFXホームページ http://kakakufx.com/service/outline07.html】

 この表現から、統一表現『有効保有額が取引保証金の○○%を下回るとロスカットになる』に直してみたいと思います。

「証拠金使用率」とは

 ポイントは「証拠金使用率」という用語です。

 証拠金使用率というのは、全てのFX業者が用いている用語ではありません。
 システム系列が「kakakuFX」と類似または同じ業者でしか利用されていません。
 以降、このページの用語はkakakuFXで利用されている用語をそのまま使用します。

 証拠金使用率(%)=必要証拠金÷純資産×100

 必要証拠金とは、取引に必要な金額のことです。

 純資産は、ポジション評価額と口座残高の合計と考えればだいたいあっています。
 正確には
 純資産=ポジション評価額+口座残高+未記帳の損益・手数料

 証拠金使用率の具体例をあげてみましょう。

 純資産=10万円
 必要証拠金=10万円
 の時、
 証拠金使用率=100%

 純資産が半分の5万円になった時、
 証拠金使用率=200%

 純資産が2倍の20万円になった時
 証拠金使用率=50%

 外為どっとコムの「維持率」とは逆に、パーセンテージが上がると、資産が減っていることを表します。
 ですから証拠金使用率が大きいほどロスカットに近づくことになります。

ロスカットの条件を統一表現にしてみよう

 kakakuFXのロスカットの条件は、証拠金使用率が150%を超えた場合です。

 証拠金使用率150%とは、どういう状況か考えてみましょう。

 証拠金使用率150%(=必要証拠金÷純資産×100)ということは
   純資産=10万円
   必要証拠金=15万円
 ということですね。(計算しやすい例を挙げました)

 統一表現『有効保有額が取引保証金の○○%を下回るとロスカットになる』に直すため、
 証拠金使用率を、外為どっとコム等で利用されている「維持率」で表現してみましょう。

 上記の例で、維持率を計算すると
 維持率=純資産10万円÷必要証拠金15万円×100≒66.666…%

 維持率と、統一表現「有効保有額が取引保証金の○○%」は同じなのです。
 ※詳しくは「外為どっとコム「ネクスト総合口座」のロスカット」を読んでみてください。

 ですから、統一表現に直すと
 『有効保有額が取引保証金の66.666…%を下回るとロスカットになる』になります。

 業者によって、取引のルールが違うので、ロスカットがものすごくわかりにくいものになっています。
 リスク管理上もっとも重要な事項であるはずなのに、わざわざ各社で表現を変えているのです。
 表現を統一してくれれば、初めての人ももっと分かりやすいはずなのに…

 次は「高レバレッジはロスカットされやすい?」です。
 ここまでのロスカットレバレッジのまとめです。

 【必要な口座】金利生活者が選ぶFX業者・口座

 金利生活者養成講座  重要事項の具体的説明

リンク
※重要※ 外貨FXは100%儲かることはありません。投資のリスクをご理解いただき、自己責任において取引を行ってください。当サイト情報をもとに取引されても損失をこうむることがありえます。

Copyright (C) 2009 外貨FXってどうよ, All rights reserved.