外貨FXってどうよ? 金利生活を目指す小心者トレーダーの掟
サイトマップ 重要事項2

レバレッジとは

 レバレッジとは、少ない資金で大きな取引ができることです。
 たとえば、100万円の元本を投資したとします。これにレバレッジをかけて大きな資金にして投資することができます。

 レバレッジを2倍にすると、200万円の取引ができます。
 レバレッジを100倍にすれば、100万円×100=1億円となります。

レバレッジには2つの意味がある

 レバレッジには、2つの意味があります。
 そのため初めて取引する人は、必ず間違えます。または、ものすごい混乱に陥ります。(*^_^*)

 レバレッジを説明する前に、外為どっとコムを例に言葉を整理します。

 元本を預けます。これが「預託金(預託証拠金)」です。
 この金額は外為どっとコムでは「資産合計」というところに反映されます。

 取引するために必要な資金額を、取引保証金(必要証拠金)といいます。
 外為どっとコムでは、レバレッジ2、5、10、20、40倍から選択します。
 もし、1万通貨の米ドル/円を買う時に、レバレッジ10倍を選択した場合、10万円です。

 このレバレッジは、取引保証金に対するレバレッジです。
 取引保証金は、本来取引で必要になる金額よりも、レバレッジをかけた分少ない金額になります。

 一般的に「レバレッジを低くしましょう」という時のレバレッジは、これではありません。
 「レバレッジを低くしましょう」という時は、預託金に対するレバレッジのことを言っているのです。

 預託金に対するレバレッジとは何か説明しましょう。

 預託金とは、単に「保証金」または「証拠金」と呼ばれます。
 FX業者に預けた資金のことです。
 あなたの運用資金であり、いわゆる投資の「元本」になります。

 本来、取引に必要な金額があります。
 たとえば、米ドル/円、1万通貨、買う場合、1ドル=100円とすると、100万円(=100円×1万通貨)です。

 その時、預託金は10万円だとしましょう。
 すると、本来の取引金額は100万円ですから、10分の1しか、資金を投資していないことになります。
 これが預託金に対するレバレッジです。
 10万円で100万円の運用をしているので、レバレッジは10倍ということになります。

 レバレッジの種類  説明  レバレッジ計算
 取引保証金のレバレッジ  注文発注時に必要な金額はいくらか  本来の取引金額÷取引保証金
 預託金のレバレッジ  実際の運用額は全運用資金の何倍か  本来の取引金額÷預託金

レバレッジの具体例で説明してみよう

 たとえば、業者によっては、レバレッジで口座を分けているところも多いです。
 レバレッジ100倍口座とか、400倍口座とか、がそうです。

 これは、取引保証金は、レバレッジ100倍で取引可能だ、ということです。
 レバレッジ100倍で運用することと、イコールではありません。

 種類  預託金  取引保証金  本来の取引金額
 金額  50万円  2万円  100万円
 レバレッジ  2倍  50倍  -
 計算  100万円÷50万円  100万円÷2万円  -

 この表のような場合、レバレッジ50倍口座取引しており、レバレッジ2倍運用しているということです。

 外為どっとコムの外貨ネクスト口座では、レバレッジを2、5、10、20、40倍から選択することができます。
 これは、注文を出す時に、取引保証金のレバレッジを選択するシステムです。
 もし、20倍を選択すれば、それは「取引保証金がレバレッジ20倍の金額になりますよ」という意味です。
 預託金をいくらにするかで本当のレバレッジは変わります。
 つまり預託金額を投資家自身が調整して、運用レバレッジを決めるのです。

 【必要な口座】金利生活者が選ぶFX業者・口座

 金利生活者養成講座  重要事項の具体的説明

リンク
※重要※ 外貨FXは100%儲かることはありません。投資のリスクをご理解いただき、自己責任において取引を行ってください。当サイト情報をもとに取引されても損失をこうむることがありえます。

Copyright (C) 2009 外貨FXってどうよ, All rights reserved.